ガジェット

更新日:

【ワイヤレスイヤホン】TaoTronics TT-BH07Sレビュー【追記あり】

※2020年5月6日追記
使い始めて3ヶ月ほど経ちました。いまだに頻繁に使っており、使い心地も問題ありません。いやーチップがハマりにくいと書いていましたが、実は僕がいやーチップを逆につけていたことが原因だったようで、正しくつけるとちゃんと装着することができました。

ただ1つ問題点があるのですが、それは毎回起こるものではないのですが、音楽を聞いている最中に「プッ、プッ」というように音がなり、一度OFFにしないと止まらなくなりことです。ただこれは毎回起こることではなく、たまに起こることなので、そんなに気にする必要はないかなと思っています。

 

今回もまた最近買ったワイヤレスイヤホンTaoTronics TT-BH07Sのレビューです。最近イヤホン買うとなると、どうしても低価格で高品質のTaoTronicsのイヤホンになります。
ただ、今回も別に提供されたわけではないので、正直にレビューしていきます。

 

購入したのは、e☆イヤホン渋谷店で値段は4590円でした。Amazonでも同じ値段で売っていますが、早く欲しかったので店舗にて購入しました。
TaoTronics TT-BH07S

 

今回イヤホンを買おうとなった理由は2つあります。

1.前回買ったTaoTronics SoundLiberty 53の片耳モードがうざすぎる。

これは前回のレビューでも書いたのですが、本当に頻繁に片耳モードになってしまうので、その度に元に戻すのが本当にめんどくさいです。なので、これから逃れたくて新しいイヤホンを探していました。

【完全ワイヤレスイヤホン】TaoTronics SoundLiberty 53レビュー【片耳しか聞こえない場合の解決方法あり】

 

2.イヤホンをつけたまま電話がしたい。

最近、長電話をちょくちょくするのですが、その度にiPhoneを片手に持ちながらしてると本当にしんどくて、イヤホンつけたまま電話したいなと思ったんです。ただ、SoundLiberty 53だと通話時に相手に伝わる雑音がひどいようで、少しでもうるさいと何も聞こえなくなるとのこと。
完全ワイヤレスではなくワイヤレスイヤホンなら多少はマシかなと思ったことが、2つ目の理由になります。

 

TaoTronics公式サイト

TT-BH07Sの外見

https://www.taotronics.jp/shop/audio/wireless_earphones/tt-bh07s_whより

 

写真のように首にかけて使うタイプのワイヤレスイヤホンになります。コードが平らになっているので、絡まりにくいです。
また、使わない時はイヤホンの金属部分がマグネットになっており、そこをくっつけておくとブラブラしません。

カラーバリエーションも豊富で黒と白の他に、ピンクとレッドもあります。前から白のイヤホンが欲しかったので、今回は白を選びました。

ただ一つ残念なのが、イヤーチップが僕の耳にピッタリではなかったことです。SoundLiberty 53のイヤーチップはピッタリだったので、そこが唯一残念なところですね。

 

TT-BH07Sの性能

  • MAX充電の状態で15時間の使用が可能
    もちろん使う頻度によりますが、割と何日も充電しなくても持ちます。
  • Bluetooth 5.0と遮音性
    音飛びや音とぎれは今のところ全くありません。人混みの中でも何度か使用しましたが、全く問題ありませんでした。(iPhone7とMacBookProで使用)
    遮音性は特にありませんが、使っていて音が聞こえにくい等はありません。
  • IPX5防水規格
    運動中の汗や小雨程度なら問題ないレベルです。
  • CVC ノイズキャンセリング 8.0 搭載
    これは音楽を聴く際に周りの音を消してくれる機能ではなく、通話の際に周囲の雑音を通話相手に伝えないようにする機能です。
    これのおかげで通話は問題なくできます。
  • ボタンコントロール
電源ONマルチファンクションボタン(真ん中のボタン)を1秒間押す
電源OFFマルチファンクションボタンを3秒間押す
音楽の再生/一時停止マルチファンクションボタンを1回押す
ボリュームUP/DOWNボリューム+/-ボタンを押す
曲戻し/曲送りボリューム+/-ボタンを長押し
電話に出るマルチファンクションボタンを1回押す
電話を切るマルチファンクションボタンを1回押す
電話を拒否マルチファンクションボタンを1秒間押す
リダイヤルマルチファンクションボタンを連続で2回押すと、最後の電話番号にリダイヤルする
電話ミュート/ミュート解除ボリューム+/-ボタンを同時に押す
リセットボリューム+/-ボタンを同時に5秒間長押し
  • LEDインジゲーター
赤色に点灯充電中
青色に点灯満充電
赤・青ランプ交互点滅ペアリングモード
赤・青ランプ5秒毎に1回点滅ペアリング完了またはペアリング中
赤色ランプ点灯電池残量不足

 

まとめ

僕がこのイヤホンで満足いかなかったのは、イヤーチップがうまくはまらない、という1点のみでした。イヤーチップを変えれば完璧になるので、別で買おうかなと思います。

そして何より通話品質が向上したことが何より嬉しかったことです。ワイヤレスイヤホンにしたことにより、マイクが口から近いところに持ってくることができたことに加え、cvcノイズキャンセリング機能によりクリアな音が相手に伝わるので、満足のいく通話ができるようになりました。

音に関しては、素人なのであまりわかりませんが、イヤーチップを変えればもう少し良く聞こえるかと思うので、また追記しようと思います。

 

以上!

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-ガジェット

Copyright© トマブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.